bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は株式会社bitFlyerが運営する取引所です。
2017年9月29日に暗号資産交換業者として金融庁の第一号を登録し、いち早くCMを打つなど暗号資産を世間一般に浸透させることとなった先駆者的な存在でもあります。

2018年6月に金融庁からの業務改善命令を受けて自主的に新規登録を停止していました。その後改善が確認され2019年7月3日より新規登録を再開しています。

レバレッジは4倍まで。
参考:レバレッジの仕組みを分かりやすく解説!

とにかく安心と実績が圧倒的

なんといっても取引量・ユーザー数・資本金が国内最大規模の大手取引所です。

国内での取引量はトップクラスで大手金融系や有名大企業が出資しており群を抜いています。
セキュリティ対策にも力を入れており、初心者へのサポートも充実しています。

取引量が多いということは、注文が通りやすいということです。ただ、取引所形式で売買できるのはビットコインとイーサリアムのみなので、アルトコインの取引を積極的にしたい人は、bitbankGMOコインなど別の取引所を併用するとよいでしょう。

参考:取引所と販売所の違い

補償制度

他社に先駆けていち早く補償性を設けたのもビットフライヤーです。
セキュリティが万全といってもハッキングの可能性が0ではありません。
不正ログインによって盗難された場合、条件によって最大500万円まで補償してくれる制度があります。

区分 補償上限金額
預かり資産の合計が円換算にて100万円を超える二段階認証登録ユーザー 500万円
上記以外の二段階認証登録ユーザー 10万円

bitFlyer経由で他社サービスを利用するとビットコインがもらえる

bitFlyer(ビットフライヤー)は他社サービスと提携していて、bitFlyer経由で商品を購入したりサービスを利用したりするとビットコインがもらえます。
有名な大手企業やショッピングサイトが多く、ポイント感覚でビットコインがもらえるので是非活用していきたいですね。

デメリットは?

bitFlyerの悪い口コミの中で目立つものはこちら。

・アルトコインは販売所形式のみで手数料が高い(スプレッドが広い)

 

取引所形式で売買できるのはビットコインとイーサリアムのみなので、他のアルトコインを購入したい人は別の取引所と併用するとよいでしょう。

取り扱い暗号資産

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク、ステラルーメン、ネム、ベーシックアテンショントークン、テゾス(※2021年2月現在)

かんたん口座開設はこちらから!