ビットコインとアルトコインの違い

暗号資産は大きく分けて2種類

ヒロ

先輩〜アルトコインって何ですか?ビットコインと何が違うんですか?
ビットコイン以外の暗号資産の総称を「アルトコイン」って言うの。イーサリアムとかリップルとかライトコインも「アルトコイン」の一種ね。

ルリ先輩

ヒロ

へえ〜!ちなみに暗号資産って何種類くらいあるんですか?
数千種類以上も言われているけれど、実際に取引所で扱われているのはほんの一部ね。

ルリ先輩

暗号資産は大きく分けて2種類あります。
主要銘柄である「ビットコイン」とそれ以外の「アルトコイン」です。
アルトコインが作られた目的やコミュニティは様々で、それぞれ特徴を持っています。
取引所によって取り扱っているアルトコインの数や種類が異なるので、目的によって使い分けるのがオススメです。

主な暗号資産一覧

国内の主な暗号資産、時価総額上位の暗号資産一覧です。

名称 銘柄単位 発行枚数
ビットコイン/Bitcoin BTC 2,100万BTC
イーサリアム/Ethereum ETH 上限なし
リップル/Ripple XRP 1,000億XRP
ビットコインキャッシュ/Bitcoin cash BHC 2,100万BCH
ライトコイン/Litecoin LTC 8,400万LTC
モナコイン/Monacoin MONA 1億512万MONA
ネム/NEM XEM 90億XEM(全て発行済)
ステラルーメン/Stellar Lumens XLM 上限なし(1000億XLM発行後は年1%増加)
イーサリアムクラシック/Ethereum Classic ETC 2億3,000万ETC
テザー/Tether USDT 上限なし
チェーンリンク/Chainlink LINK 10億LINK
イオス/EOS EOS 10億EOS
エイダコイン(カルダノ)/Cardano ADA 約311億ADA