Maker・Taker(メイカー・テイカー)とは

ヒロ

先輩、取引所の手数料見てたらMaker・Takerって書いてあるんですけど、これ何ですか?
例:GMOコイン

メイカー・テイカーね!これは取引所で使う用語なの。取引の仕組みと一緒に見ていきましょう。

ルリ先輩

まずは取引の基本!板情報の読み方

取引所は仮想通貨を売りたい人と買いた人同士が「○円で○枚売ります!」「△円で△枚欲しいです!」と提示し合う場所で、お互いの希望がマッチングしたら売買が成立します。

売りたい人が「いくらでどのくらい売りたいのか」を出した一覧を「売り板」、買いたい人が「いくらでどのくらい買いたいのか」を出した一覧を「買い板」といいます。

取引所と販売所の違いおさらい
取引所で仮想通貨を買ってみよう

今回はbitFlyerの例で解説します。下の板情報を見ると緑の数字と赤の数字で上下が分かれています。
数字が緑色の上半分が「売り板」、数字が赤色の下半分が「買い板」です。

今度は縦の列を見てみます。
中央の緑と赤の数字の列が「いくらで(売りたいor買いたい)」という希望レートです。
左右の列はそれぞれ注文に出されているビットコインの総量になります。


例えば「売り板」の一番最安値の列「0.01」「826,629」の段は、
「1BTCあたり826,629円」のレートで売りに出されてるビットコインが「0.01BTC分」ありますという意味です。

もし、そのレートで0.01BTC分全部買います!という人が現れて売買が成立したら売り板から消えるので
次の最安値はその上の段の「0.023」「826,988」になります。
買う人が多ければどんどんレートが上がっていくのはこういう流れなんですね。

ヒロ

ふむふむ…買いたい場合は「買い板」の方に注文を出すんですね。なるべく安く買いたいんですが、売りたい人は高く売りたいですよね。
そうね。売り板と買い板の境目のレートで売り/買いに出せば即売買が成立するけれど、変動率が大きいから損をしないように焦らずじっくり流れを確認して取引をしましょう。

ルリ先輩

Maker・Taker(メイカー・テイカー)とは

ヒロ

板の読み方はわかりましたよ!メイカー・テイカーについて教えてください!
ここまで分かっていれば簡単よ。売り板の例で見てみましょう。

ルリ先輩

最安値の価格の欄を見ると

2番目:826,988
1番目:826,629

と並んでいます。

例えばこの間に「826,800」など新しい価格を提示して取引をすることをMaker(メイカー)といいます。新しく作るMakeだからMakerなんですね。

一方、すでに取引板にある価格で取引をすることをTaker(テイカー)といいます。

2番目:826,988 ←テイカー
新価格:826,800 ←メイカー
1番目:826,629 ←テイカー

ヒロ

なーんだ、思ったより簡単でした!でもなんでメイカーの方が手数料安いんですか?
色々な価格があった方が取引板が活性化するでしょう。取引所にとっていいことなのよ。

ルリ先輩

ヒロ

なるほど〜!中にはメイカー手数料がマイナスの取引所もあってうれしいですね!