仮想通貨の確定申告が必要な人

ヒロ

確定申告ってなんか聞いたことあるな〜。ビットコインやったら確定申告って必要なんですか?
全員じゃないわ。でもたくさん利益があった人は学生でも申告の必要があるから自分が当てはまるか確認しておきましょう。

ルリ先輩

そもそも確定申告って何?

確定申告とは、毎年1年の間に得た収入を計算して、翌年収める税金の額を税務署に申告する手続きのことです。
例年2月中旬から3月中旬に行われています。

会社員の方は毎年12月に会社が年末調整をして清算しているのでほとんどの場合自分で行う必要はありませんが、副業や仮想通貨など他に収入がある場合は該当する可能性があります。

確定申告が必要な人

フリーランスや個人事業主の方は仮想通貨の金額に関係なく確定申告が必要なのでここでは省きます。

1.会社員の方の場合

  1. 所得が2000万円を超える
  2. 給与以外の所得の合計が20万円以上ある←仮想通貨の収入はココ
  3. 給与を2ヶ所以上からもらっている
  4. 退職して年末調整を行っていない

仮想通貨は給与以外の所得で「雑所得」に入ります。

仮想通貨の収入が20万円以下でも、副業やネットオークションなどの所得と合計して20万円以上になる場合は申告が必要なので注意してください。


2.主婦や学生など扶養されている方の場合
まず扶養に該当するかどうかを確認します。
パートやアルバイトをしている場合、1年間の所得が103万円以下である必要があります。(これを越えると扶養から外れてしまいます)

103万円の内訳:

基礎控除38万円 + 給与所得控除65万円 = 103万円

(仮想通貨など雑所得)(パート・アルバイト給与)

仮想通貨などの所得は基礎控除にあたります。アルバイトなどの給与とは別です。
仮想通貨の他にもネットオークションやアフィリエイトなど給与以外の所得の合計が38万円以上場合、確定申告が必要です。

ヒロ

てことは俺の場合あまりバイトしてないから仮想通貨で38万以上利益出たら確定申告するのか〜。

まとめ
  • フリーランスや個人事業主の方→金額にかかわらず申告
  • 会社員の方→仮想通貨を含む給与以外の所得合計が20万円以上
  • 主婦や学生など扶養されている方→仮想通貨を含む給与以外の所得合計が38万円以上

次のページでは実際に仮想通貨の損益計算方法を紹介します。
仮想通貨の損益計算方法について