ウォレットの種類

仮想通貨取引所に登録して口座(ウォレット)を作ろう

ビットコインなど仮想通貨を始める際、一番最初に必要になるのが「ウォレット」の作成です。銀行で言う口座のようなものでウォレットは取引所に登録することで作成できます。ウォレットには種類がありますのでここではその違いやメリット・デメリットを比較していきたいと思います。

ヒロ

ホットウォレット」と「コールドウォレット」って言葉をよく聞くんですけどどう違うんですか。
ホットウォレット」はオンライン、「コールドウォレット」はオフラインで管理してるの。初心者の人は手軽でハッキングに強いコールドウォレット管理の取引所で作成するのがオススメよ。

ルリ先輩

ウォレットは主に4種類
  1. オンラインウォレット(ネット上に保管) …ホットウォレット/コールドウォレット
  2. ローカルウォレット(PCやスマホなどデバイスに保管) …コールドウォレット
  3. ハードウェアウォレット(専用端末など機器で保管) …コールドウォレット
  4. ペーパーウォレット(紙に印刷して保管) …コールドウォレット

1.オンラインウォレット

ネット上に口座を作るのがオンラインウォレットです。ネット上なのでハッキングに遭う可能性もありますが作成や管理は簡単です。取引所がウォレットを併設している場合は同じサービス内で取引ができます。二段階認証などセキュリティを強化する必要があります。高額な資金を置くには向かないかもしれません。コインチェックの事件以来セキュリティ強化に注目が集まりました。当サイトでオススメする取引所はコールドウォレットで管理されていますので安心してご利用いただけます。

 

メリット デメリット
・作成や管理が簡単

・PCが壊れても影響がない

・1つのアカウントで色々なデバイスから利用できる

・ハッキングに遭う可能性がある

・ネット環境がないと確認できない

・取引所が潰れた場合保有コインの保証がない

 

ウォレットのみ

Blockchain …日本語対応していて日本人ユーザーも多い。

2.ローカルウォレット

PCやモバイルなどのデバイスにソフトウェアをインストールして管理する方法です。暗唱キーなども全てコンピュータ内に保存します。オンラインウォレット同様手軽に始めたい人向けです。ハッキングやウィルス攻撃の可能性のリスクもあり、デバイスが壊れて修復不能の場合は保有コインを失うのであまり高額な資金置き場には向かないでしょう。

 

メリット デメリット
・オンラインに比べてハッキングの可能性が少ない

・ネット環境がなくてもウォレットを確認できる

・取引所が潰れても影響がない

・デバイスが故障したら全て失う可能性がある

・ソフトをインストールしたデバイスでしか利用できない

・(完全型)の場合PCの容量が必要

また、ソフトの他に既存のブロックチェーンもダウンロードされるのでコンピュータの容量を圧迫します。目的によって選んでください。

過去の取引データをすべてダウンロード(完全型)

「採掘」したい方向けです。ビットコインのサービスが開始されてから現在まで、世界中全ての取引データをダウンロードします。かなり膨大な容量になりますので大きな空容量のハードディスクが必要になります。ソフトは下記のサイトで配布しています。

ビットコインコア

必要最小限のデータのみをダウンロード(簡易型)

「採掘」はせずにビットコインの送金取引ができればいい方向けです。標準的なPCやスマートフォンで使うことができます。ソフトは下記のサイトで配布しています。

jaxx

3.ハードウェアウォレット

仮想通貨専用の端末を用いてPCに接続して使用します。ハッキングにも強くPCが故障しても影響を受けないためセキュリティ面では安全性が高く高額資金を保管するのにも向いています。

 

メリット デメリット
・ハッキング、ウィルスに強い

・取引所が潰れても影響がない

・ネット環境がなくても管理できる

・端末を購入する費用がかかる

・端末の故障や紛失のリスクがある

4.ペーパーウォレット

紙に印刷したものを金庫などに入れて保管するというアナログな方法です。完全オフラインなのでセキュリティ面では安全な管理方法と言われ、高額資金を保管するのにはこちらがいいかもしれません。しかし紙という現物であることから、万が一盗まれたり火災で燃えたりする可能性もあるため保管には注意が必要です。

 

メリット デメリット
・取引所が潰れても影響しない

・ハッキングやウィルスやデバイスが壊れる心配がなく安全性が高い

・盗難や火災で紛失する可能性がある

・印刷や残高の確認など管理に手間がかかる